安倍総理がカンヌ受賞の是枝裕和監督を無視した結果、仏紙に批判されてしまう…

1: 2018/06/02(土)11:02:43 ID:???
no title

先日、フランスで毎年開催されているカンヌ国際映画祭で、
是枝裕和監督が最高賞のパルム・ドールを受賞しましたが、
受賞に対して安倍総理が祝福の言葉を贈らなかったことを、
フランスの有力紙・フィガロなどが批判的に伝えています。

記事では、「是枝監督はカンヌで権威ある賞を受賞したが、
これまで日本人が海外で何か賞を受賞した場合、
受賞者に賛辞の言葉を送ってきた日本の首相は、
今回ばかりは口を閉ざしたままである」と解説した上で、
安倍総理が是枝監督を祝福しなかった理由を、
「保守政権にとって批判的な内容の作品だった」点や、
「監督が以前から国の文化政策に批判的だった」点などを挙げています。

仏有力紙が日本の首相の細かな動向に反応するのもなかなか興味深いですが、
フランスの読者の反応も、とても興味深いものでした。

*ソースや詳細・コメントは以下からご覧下さいませ!!

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2718.html

引用元: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527904963/


続きを読む

Source: 色々まとめ速報
安倍総理がカンヌ受賞の是枝裕和監督を無視した結果、仏紙に批判されてしまう…